薬事法について

化粧品を語るうえで切っても切り離せない関係の「薬事法」。

皆さんは薬事法についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

どうしても小難しいイメージがあり学ぶことから逃げ出しらくなる分野ではありますが、これを知っておかないままだと大失敗してしまう恐れがあります。

内容をできる限り簡素化して説明しておりますので是非とも学んでみてはいかがでしょうか。

基本はブログなので日記のような情報を流していますが、ちょこちょこ薬事に関する内容も入れていきたいと思います。

薬事法のすべてを網羅するととんでもない時間が必要になりますのであくまでも最低限必要な知識だけに絞ってお伝えします。

また、薬事法は常に更新されます(薬事法に限りませんが・・)のですでに古い情報となってしまっている場合も出てくるとは思いますが、その点はご了承ください。

なるべく更新ができるようにしたいと思っております。

特に広告に関することについては商品を販売する側の意図やコンセプトを読み取ることができます。

世の中にある化粧品もよくよく見ると非常にグレーな表現をしている商品も良く見られます。

特に通販サイトなどでは完全にアウトな謡いをしているものが見受けられます。なぜそこまで過剰な表現をしてしまうのか、それは大きく分けて2通り考えられます。

・発売前の薬事確認ができていなかった

・商品を売る

このようにすごい表現をしている商品は非常に魅力的に映るので購入意欲も増しますが、逆を言うと薬事法の確認を行えていない製品という事がわかります。このように薬事法を知るという事は別の切り口から商品選択ができるようになるという事が言えます。このように商品選びのために活用頂くことを願っておリます。

これを基にして素敵な化粧品選びができることを願っています。